日本全国の戦国武将が、天下分け目の戦いを行ったのが、関ヶ原の戦いです。 一六〇〇年の九月一五日に行われた日本人…続きを読む
Read more 天下分け目の「関ヶ原」がTシャツでよみがえります はコメントを受け付けていません。
真田丸好きの方へ、赤備甲冑Tシャツ出来ました。 欧文タイポグラフィで、真田幸村こと、真田信繁の鹿角脇立の甲冑を…続きを読む
Read more 真田丸好きの方へ、赤備甲冑Tシャツ出来ました。 はコメントを受け付けていません。
二〇一六年六月二五日付けの中部経済新聞に株式会社戦国の商品が取り上げられました。 便利な雨具、おしゃれグッズは…続きを読む
Read more 便利な雨具、おしゃれグッズはいかが はコメントを受け付けていません。
おかげさまで、お問い合わせを多く頂いております、傘鞄ですが、 ヴィレッジヴァンガードウェブドでも販売が開始され…続きを読む
Read more 傘鞄・ヴィレッジヴァンガード ウェブドで販売開始されました。 はコメントを受け付けていません。
平成二八年七月五日 株式会社戦国が『合戦』という名の歴史トークイベントをシリーズで開催!第一回のゲストは徳川家…続きを読む
Read more 株式会社戦国・プレスリリース一覧 はコメントを受け付けていません。
二〇一六年六月二七日の月曜日のことでござる。 おはよう朝日です。という番組で、傘鞄が登場したでござる。 素晴ら…続きを読む
Read more おはよう朝日です。に傘鞄、登場しました! はコメントを受け付けていません。
合戦を始めます!! 株式会社戦国で、対談というか講演というか、いわゆる、トークイベントを開催しようと思います。…続きを読む
Read more 合戦を始めます!! はコメントを受け付けていません。
二〇一六年六月二四日付けの中部経済新聞に株式会社戦国の逸話が掲載されました。 題して、「失敗から学ぶ」 名古屋…続きを読む
Read more 中部経済新聞に株式会社戦国、傘鞄が記事になりました。 はコメントを受け付けていません。
戦国の商品はどこで買えますか? というお問い合わせを頂きますので、現在の販売同盟を結んでいる同盟先をご紹介しま…続きを読む
Read more 戦国の商品はどこで買えますか? はコメントを受け付けていません。
江戸のラジオという目に見えない狼煙の番組でお話ししました。 「ニッポン放送」という日の本に相応しい狼煙です。 …続きを読む
Read more 「ちょっとどうかしてる会社ですね」土屋礼央レオなるど はコメントを受け付けていません。
国産のものづくりにこだわる株式会社戦国では、傘鞄やTシャツを商品として取り扱うようになってきました。 そこで、…続きを読む
Read more 織ネーム はコメントを受け付けていません。
傘鞄無刀流のパッケージキャラクターとして、足ギャルを採用しました。 傘鞄の無地バージョンは刀のプリントがありま…続きを読む
Read more 傘鞄無刀流に、足ギャルを採用 はコメントを受け付けていません。
株式会社戦国は、織田信長の誕生日六月二三日に設立しました。 そこで、設立一周年を記念して、築地朝食会と同盟を組…続きを読む
Read more 株式会社戦国設立一周年記念×築地朝食会 はコメントを受け付けていません。
株式会社戦国は、二〇一六年六月十日(金)より刀剣傘鞄(とうけんかさかばん)を発売いたします。​ ▼購入可能店舗…続きを読む
Read more 「刀剣傘鞄」を発売開始! はコメントを受け付けていません。
株式会社戦国の商品が、なんと、日本放送協会【NHK】の真田丸展への商品納入が決まりました。 二〇一六年の大河ド…続きを読む
Read more 真田丸展へ出陣じゃ! はコメントを受け付けていません。
株式会社戦国、法人番号が国税庁のホームページで公表されておりました。 どうしても、漢数字にしてくれないようです…続きを読む
Read more 株式会社戦国、法人番号 はコメントを受け付けていません。
株式会社戦国では、国産のものづくりにこだわります。日本国内の観光名所などのお土産ものは外国製のものが多くなって…続きを読む
Read more 株式会社戦国では、国産のものづくりにこだわります はコメントを受け付けていません。
戦国の第一弾商品「刀剣タイツ」をご紹介いただいた主要メディアを、一部抜粋し一覧で掲載いたします。 取りあげてい…続きを読む
Read more 「刀剣タイツ」のメディア掲載実績 はコメントを受け付けていません。
株式会社戦国では、戦国時代にちなんだ場所での商品を企画しています。続きを読む
Read more 甲賀市商工会にて講演と個別相談します はコメントを受け付けていません。
水戸にある、茨城県立歴史館と同盟を結び、株式会社戦国の商品を提供しました。 クリアファイルを8種類納品しております。発売後すぐに、30枚近く売れたクリアファイルもあるとのこと、企画した軍師も喜んでおります。 歴史館や城郭などを訪れたお客さまが欲しい商品を作ることを理念として株式会社戦国では活動しております。続きを読む
Read more 茨城県立歴史館と同盟 はコメントを受け付けていません。
株式会社戦国では、商品開発者のことを軍師と呼んでいます。 アイデアを形にして、実際の市場で戦うというのが現代の戦さです。それを統括するのが軍師である商品開発者の役割なのです。 株式会社戦国では、生産工場を持ちません。同盟先の会社に作ってもらいます。続きを読む
Read more 軍師(商品開発者)養成所を設立 はコメントを受け付けていません。
三種類の日本刀がデザインされたカラータイツ「刀剣タイツ」を開発、ヴィレッジ・ヴァンガードのオンラインストアより発売を開始いたしました。 村正(むらまさ)、同田貫(どうたぬき)、虎徹(こてつ)などが大胆に緻密に描かれています。続きを読む
Read more 戦国の第一弾商品「刀剣タイツ」がヴィレッジ・ヴァンガードより発売! はコメントを受け付けていません。
株式会社戦国とは、戦国時代に関係する商品を企画開発する会社として、平成二七年六月二三日に設立しました。 商品開発の楽市楽座を目指し、商品企画を希望する有志を軍師として、重用し、その任に当たってもらいます。 どんな商品を作るのかは、株式会社戦国の立て札で、公開しながら制作していきますが、企画を考えた軍師が集まり、最初に軍議により方向性を定めます。続きを読む
株式会社戦国では、商品企画を担当する「軍師」を募集中。現在、軍師が集まって行う「軍議」を定期的に開催しています…続きを読む
株式会社戦国では、戦国時代にこだわりを徹底して参りたいと思います。 一、会社定款というものを巻物で創りました。…続きを読む
株式会社戦国の公式伝云板(サイト)は 少々複雑な仕組みで出来上がっておりますゆえ、 最新の環境以外で閲覧された…続きを読む
株式会社戦国は、各人それぞれ異なります。 よくあるシーンとして、商談で名刺交換をしたときに、同じような名刺が並…続きを読む
ベースの色は、真田の赤備えを意識した「躑躅の濃赤」、名前の一部に刀を添え、文字組みや一部を長くするなどの「遊び…続きを読む
株式会社戦国の定款は、右筆として、尾張で活躍中の谷口栄豊氏に巻物に書いて頂きました。 7尺(二メートル)ほどの大作です。 流石に、数々の文字を書いてきた栄豊氏でも相当緊張したとのこと。おかげさまで、いい出来栄えの定款が出来上がりました。続きを読む
Read more 京都生まれのアニオタ軍師 はコメントを受け付けていません。
株式会社戦国の名刺ができました。総大将としての名刺です。 おもて面は、社名と肩書き、名前のみ。 裏面に連絡先は…続きを読む
Read more 株式会社戦国。名刺ができました。扇に月 はコメントを受け付けていません。
表面は、刀で切りつけたような勢いのある戦国の筆文字を使い裏面は佐竹の本陣旗をモチーフに、黒地に金箔押しで仕上げております。 佐竹の町 秋田に生まれ育ちながら、歴史に全く触れてこなかった自分ですが、このたび軍師というお役を頂き...続きを読む
Read more 佐竹の町秋田を愛する軍師 はコメントを受け付けていません。
株式会社戦国の定款を作成中です。定款を登録する際に困ったことは、漢数字が使えないという驚愕の事実。 株式会社戦…続きを読む
Read more 定款には漢数字が使えないという驚愕の事実 はコメントを受け付けていません。
「あるユニークな会社」が話題という ウサワを聞きつけまして・・ 詳しいお話を伺いたい。 という依頼があり七月三…続きを読む
Read more 七月三十一日(金)ラジオ関西「岩崎和夫の情報アサイチ!」に出陣! はコメントを受け付けていません。
株式会社戦国の総大将として「岩崎和夫の情報アサイチ!」という 講話伝達装置(ラジオ番組)に出陣(出演)してきま…続きを読む
Read more 出陣の戦果「岩崎和夫の情報アサイチ!」 はコメントを受け付けていません。
四十万石という値が張りましたが、命には変えられないので、仕方が無い。 紺糸威黒桶側二枚胴具足という名称がついて…続きを読む
Read more 総大将用の甲冑が出来上がりました。 はコメントを受け付けていません。
薩摩、鹿児島の鎧・甲冑製造販売会社の丸武産業株式会社に行ってきました。 大河ドラマや映画に出てくる鎧や甲冑を作…続きを読む
Read more 甲冑調達。薩摩、丸武産業に行ってきました。 はコメントを受け付けていません。
株式会社戦国の定款は、右筆として、尾張で活躍中の谷口栄豊氏に巻物に書いて頂きました。 7尺(二メートル)ほどの…続きを読む
Read more 株式会社戦国定款 はコメントを受け付けていません。
'